ちょっと早起きできる2つのコツ

最近温かくなってきて、日が昇るのも早くなってきました。

そんなわけで、徐々に起きる時間も早めていっています。

早く起きた日は、調子がいいと散歩する。
そんで、楽曲制作やギター練習に没頭する。
時々10分だけ本を読んだりして過ごしている。

そう。朝早起きすると
なかなかのリア充タイムを過ごす事が出来るのだ。

・・・と、

分かっちゃいるけど、早起きって難しい・・

起きたけど、ついつい、二度寝しちゃう。
って方多いのではないのかと。

なので、僕なりの早起きのコツ的なものを、ご紹介します。

ちなみに、僕は
血圧が、上100を切るほどの低血圧人間。
おまけに夜中は子供の夜泣き対応をしたり、ふと目が覚めたりするから、ここ何カ月もは朝まで爆睡できていない。

という、早起きには不利な状況です。

それでも、早起きできるコツはたった2つ!

“寝る前に、明日起きたらやりたい事を考える”
“起きれなくても、自分を責めない”

これだけ。

まず、早起きできない原因の一つに

起きた瞬間明確にやりたい事が決まってないから、眠気に負けてしまう。

というものがあります。

寝起きのもうろうとした意識の中

「あ~・・えっと・・何やろうかな・・・」

って考えながら、とりあえずスマホを見る。

すると、怠くなって、いつの間にか寝ちゃうし
体は起きれたとしても、いつまでも脳みそが動き出さない。

なので、そうならない為に
前日の寝る前に、明日はこれやろう!ワクワク!やっふ~

ワクワクを脳みそに叩き込むのが大事だと思っています。

そしたら、自然に5時に目が覚めるなんてことも・・・!

そんで、もう一つが
起きれなくても自分を責めない。

起きたかったのに起きれなかった時って
「もう、ほんと自分はダメだ・・」
と、自分責めがち。

これやっちゃうと、自分が自分に
「俺は起きれない奴なんだ」
というイメージを植え付ける
ので
もっともっと!起きれない自分になってしまう。

だから、少々起きれなくても

「まあまあ、こんな日もある!しゃあない!」

開き直るのが大事だと思ってます。

なんなら、ちょっとだけギター弾いて

「今日は遅く起きたけど、ちょっとギター練習できて楽しかった~」

と思うようにもしています。

以前は、一度早起きが出来ないと、自分を責め、その翌日も早起きできなくて自分を責める。

という寝坊連鎖を繰り返していたのですが

この、自分責めない癖をつけてからは、早起きできなかった翌日、早起き出来たりするようにもなりました。

早起きって、気合が必要とか、生活習慣を見直さなければならない

などのイメージがありますが

案外、ちょっとしたコツで早起き出来たりすることもあります。

きっと、このコツって体質や性格によって、千差万別あると思う。

だから、一つ一つ、試しながら自分なりの方法を模索していくのがベターだと思います。

もし、この記事が早起きできない!と悩む人の、解決例となれば嬉しく思います。

ではでは。

Related Entry

34歳になりました

散歩好きに向いた生き方。とは?

仕事の辛さを軽減する為に、とるべき行動とは

見栄張りな自分から、緩くなる。

日常を味わい尽くせる実力だけあれば、人生はハッピーになる理由

やりたい事を見つけるには...「ぼーっとする」から始まる