i Rig Acorstic Stageを手に入れた

こんにちは!Music Cafe House526のこうたです。

この度、近年爆発的に人気!?なアコギ用マイク「i Rig Acoustic Stage」を手に入れました。

今まで、アコギの録音には、コンデンサーマイクを使用してきました。

コンデンサーマイクは確かに、音質はよく録れ、エアー感も出るのですが、、、

やはり

・環境音に影響されたり
・マイキングの位置が難しかったり
・毎回同じ音質で録れないことから、日をまたいでのレコーディングができなかったり

等の問題が多くありました。

ラインで音を録ってみるも、ピエゾ感の処理やナイロン弦だとノイズ除去に悩み、ラインもあまり使い物にならない。。。

しかし!このi Rig Acoustic Stageは、それらの問題を解決してくれました!

使用感や、コスパ、音質等、全て良いです!宅録系ミュージシャンならば、必須アイテムだと思います。

取付・取り外しも、ギターのサウンドホール部分にマイクをつけるだけなので、大事なギターに穴をあけたりすることもありません。

また、DI(ダイレクトボックス)がついてますので、ボリューム調整はもちろんのこと

音質をスチール弦とナイロン弦に分けて選択でき

さらに、そこからNatural、warm、bright、と音色を選択することができます。

ストロークや指弾き等、演奏スタイルによって音作りをすることができます。

また、ライン録りとブレンドすることもできるそうです。

まさに、理想のピックアップだと思います。

悪い点は二点だけ

・取り回しの線が細すぎて、ちぎってしまいそう
・ふくよかな低温がもう少し欲しい

というくらいでしょうか

でも、この問題も

・線を途中で束ねて、慎重に扱う
・ライブ中に暴れない(笑)
・ダイナミックマイク(SM57等)も仕様する

という対策で対決できそうです。

とにかく!環境音を気にしすぎずに録音できるのは最高ですね!

宅録の僕がコンデンサーで音録りしてた時は

・雨の日は基本、雨音が入って録音できない
・交通量の多い時間帯は録音できないので早朝5時に録音する
・録音中に娘の声が入る(笑)

等の環境音で、かなり悩んできました

また、子育てに、仕事に忙しいので、まとまってレコーディングする時間がないから、細切れにレコーディングをするのですが

そんな時、マイキングだと、どうしても位置が変わってしまうので、日を跨ぐと、同じ音質では録ることが難しいのです。

しかしi Rigは、毎回同じ音質でレコーディングできるので、ありがたいですね。

ライブでも使えるそうで、この音質でライブができるのは最高ですね!

DIもストラップや腰に引っ掛けられるので、手元でボリュームや音質操作ができるのもありがたい

今までのDIは足元にあったので、わざわざしゃがまなければいけなかった

これで、リハでボーカルマイクとギターの調整時、しゃがんだり立ったりしなくていい(笑)

という訳で

レコーディングにも、ライブにも使える「i RIG Acorstic Stage」

最高です!!!

Related Entry

作曲をする時は体感を元にしている

月3000円のお小遣いだけど、新しいギターが買えた

音の調整時、大切にしているたった一つのこと

チリを積めないと、上達はしない。