コロナ不況に負けない為にやれること

先日、次女が一歳を迎えました。

食欲モンスターの次女は、まだ歯も生えきっていないのに、ハンバーグをたいらげ、デザートにホットケーキをペロリと食べ、お腹いっぱいで寝てしまいました。が!

無理やり起こして、ハッピーバースデーをすると、寝起きでキョトンとして、鬼可愛かったです(笑)

新型コロナウイルス騒動から、約一年経ちました。

食欲モンスターの次女が生まれたのは、新型コロナウイルス騒動が本格的になった時期で、出産の立ち合いも出来ず、出産後の面会も出来ない状況でした。

あれから、一年。

まだまだコロナは収まる気配はありません。

経済も悪化していき、ホテルや交通、飲食関連の業種も大打撃を受けています。

かくいう僕も多少の影響を受けています。

なので、このまま景気が悪化し続けたらどうしよう・・・
自分の業界が、仕事がなくなったらどうしよう・・・

そうやって不安に思う事もあります。

しかし、嘆いているだけでは不安に振り回される現実は変わりません。

不安だけど何もせず、怖い怖いと言って、ただただ事態が収束する事を願う。

それでは、ただ時代に振り回されていくばかりです。

だから、コロナ不況に負けない為

いや、コロナ不況だけではなく、今後自分たちが家族を守り、これからの時代を生き残っていく為には、自分自身を磨き、収入を生み出す必要があります。

収入を生み出すには、自らが世の中に対してアプローチしていかなければなりません。

じゃあ、自分は世の中に対してどんなアプローチができるのか?

それを探すことが、自分を磨くことになるんだと僕は思います。

自分を磨いて、世の中に対し、自分が好きな事で収入を得るアプローチ方法を考える。

その為にやるべき事をお話ししたいと思います。

事実、僕自身、自分を磨いてきた事で、少なからずですが。会社員とは別の収入減を持てるようになりました。

まだまだ、至らない部分も多いのですが、確実にスタートは出来たと思っています。

自分を磨くとは、自分を知ること

自分自身を磨くには

まず自分を知る事。自分がどんな人間なのかを知る事。

このステップが大切なのかなと思います。

自分の好きな事・得意な事・出来る事・求められている事・役に立つこと

これらを明確にしていないと、何を、どんな風にやればいいのかも分からないし、ただがむしゃらになって、体力を消費するばかりになってしまいます。

そのままだと、自分というものは磨かれない。

イコールいつまで経っても収入にならないし、いづれ辛くなって、リタイアしてしまう。

なので、まずは自分自身を理解し、その上で自分なりの道しるべを作っていく事が必要になるんだと思います。

しかしながら、自分自身の理解というものはとても難しいもので・・・

というのも、人間は自分というものを、分かっているつもりでも、分かっていない事が大半なんです。

一度自己を分析し、自分を理解し、知ったとしても、それは本心ではなく、誰かからの評価や、価値観が入り混じったものだったりする。

だからこそ、一度ではなく、繰り返し繰り返し見直していく必要があると思っています。

何度も繰り返すことによって、徐々に他人の価値観という皮が剥がれ、自分というものが見えてきます。

 

ちなみに、僕自身は、この自己の分析は定期的に行うようにしています。

定期的に行う理由は

先ほども申し上げた通り、自分が今考えている事、目指している事が、純粋な自分の本心ではなく、誰かからの評価や価値観が入り混じっている場合がある為です。

そしてさらに、気持ちの移り変わりを察知する為です。

人の気持ちは、移り変わります。

先日まで、憧れだった人が、急に嫌いになる事だってある。それくらい、人の気持ちは移ろいやすいものなんです。

だからこそ、今の自分は道がそれていないか?

という事を、何度も再認識する作業が必要だと思い、定期的に自己分析を行っています。

 

僕は音楽が好きで、昔は月に2~3回程ライブをして、人前でオリジナル曲を歌っていました。

始めは凄く楽しかった。曲もどんどん出来たし、ライブも楽しかった。

でも、毎月毎月ライブをする度に、同じオリジナルを歌い、ライブ前には何度も一人音楽スタジオで練習し、ライブ前には告知をして、、、

と音楽活動を頑張っていました。

すると、だんだん頑張る事が辛くなっている自分がいました。

しまいには、ライブをしても楽しくない、自分のオリジナル曲が好きになれない。

ステージに立つ自分がキモいと思う。音楽で何か役に立てている感もない。リハとか待ち時間の長さが辛い。などと

音楽に対しネガティブな感情を抱くようになっていました。

理由は分かりませんでした。

いや、分かろうとしていませんでした。

音楽が嫌いになる事が怖かったので、違和感を感じている理由を見ない事にしていました。

そして、そのネガティブな感情は無視して

音楽はライブこそが全て、ライブで人に音楽を届けることが全て、有名ミュージシャンになる事が全て

と思い込み頑張っていました。

しかし、ある時、ついに音楽活動を続けていく電池が切れライブを休止する事にしたのです。

もう音楽はいいや。辞めようかな?という考えすらよぎりました。

ライブを休止している間は、練習をすることもないので、時間や気持ちに空白を持てるようになりました。

その間に自分自身を見直すことにしたのです。

僕は音楽の何が好きなんだろう?

この問いを自分自身へ投げかけ

紙に書いて、誰に向けてでもない、誰からの評価もない、自分自身が音楽に対し、”好き”と思える部分を突き詰めていきました。

同時に、自分の性格・特性・価値観を探り自分研究を行いました。

その結果、答えが見えてきたんです。

僕が音楽で好きな部分は、音楽を作り込むことが好きだったと知ったんです。

そして、作り込んだ曲をアーティストに喜んでもらい、それをたくさんの人に届ける事が喜びだと再認識したんです。

以前の様に、ライブで同じ曲を毎度やって、音楽を届ける事は僕には向いていなかった。

というか、そもそも一人でステージに立って、お客さんにパフォーマンスするタイプじゃなかった(笑)

どちらかと言えば裏方が好きで、曲を提供したり、ボーカルのバックでギターを弾くことの方が心地良かった。

そう、音楽はライブこそが全て、ライブで人に音楽を届けることが全て、有名ミュージシャンになる事が全て

というものは、誰かの価値観や思い込みであって、僕の想いではなかったんです。

ようやく、自分の”好き”を見つけた瞬間でした。

そうして自分を知り、試しに作曲家として活動を開始してみると

ありがたくも作曲や編曲させていただく機会を頂き、しかもそれを喜んでもらえ、自分のやりたい音楽の形と、誰かが求めてくれるものが一致しました。

たまたまかもしれませんが、自分を磨いたおかげで、これからどんな活動をすればいいのか、ベストな形が見えてきたんです。

おかげで今は、自分の好きな事、得意な事を生かした収入の形が少しずつ構築されていっています。

現在、コロナ渦の中、本当に色んな情報が飛び交っています。

何も考えずに、テレビばかり見て過ごして、周りの発言ばかりに耳を傾け、同じ環境で過ごし続ける。

そんな生活を続けると、ただただ自分というものを見失うばかりです。

しかし、自分を理解し、自分を知れば、今のコロナ渦の中で、自分はどう考えているか、どう行動するのか?

というアプローチ方法が見えてきます。

そして、行動するうちに新しい発想や新しい人にも出会う機会が増えます。

自己を理解する、自分を知る、求められているものを知る

すなわち自分を磨くという行為は、とても面倒な作業かもしれません。

ついついそこに時間をかけるのは無駄に感じるかもしれません。

でも、僕はこの地道な作業を続けた先に、自分の”好き”を見つけ、音楽をもっと好きになれたし、さらに収入も得られるようにもなりました。

という訳で、

もし、今何をすればいいかわからないと感じている方は

ぜひ、自分磨きから始められる事をおススメします。

Related Entry

やりたい事を見つけるには...「ぼーっとする」から始まる

疲れるから、飯は美味いんだ。

好きな事を仕事にする前に、知らなければならない大切な事。

不満な日常を変える為に、自分ビジネスをしていた。