娘に俺のラーメンとられてキレた話

昨日はイヤイヤ期真っただ中の次女が、いつも以上にぐずっているように感じていた。 

疲れてイライラしすぎて詳細は覚えてないけど(笑) 
これだけは覚えている。 

これから食べるカップスターラーメンを邪魔されブチ切れた。”

昨日は泊りでキャンプに行って、クタクタに疲れる中 
頑張って片付けまで終わらせ 

子供達のご飯も終わらせ 

さー!今からやっとゆっくりラーメン食うぞ! 

といった矢先に 

「さなちゃんも食ぶ~る~」 

と言ってきた。 

いつもなら 

はいはい♪フーフーしようね~♪ 

と言って食べさせてあげるのだが 

昨日はそうもいかなかった。
キャンプとその片付けで

とてつもなく疲れていたから。

だから、フーフーして食べさせてあげるとか、そういうのマジでしたくなかった。 
ゆっくり、自分の為だけにカップスターラーメンを食べたかった。 

オレ「え~、、、もうない、そんなのない。知らん。」 
とラーメン臭が充満しているにも関わらず 
強引にシラをきる。 

娘「食ぶ~る~、食ぶ~る~!!」 
と言ってヒートアップして泣き出す。 

オレ「あ~!!も~~う!!もういい!!食えばいいやんか!おら!座れ!!」 

ドンッ!テーブルを叩き、ブチ切れた。 

娘「あああ~~~~~」 
ギャン泣き。 

こんな時って
怒る自分も嫌だ。でも怒らずにはいられない。

何とも言えない罪悪感に苛まれる。

これが、育児の辛さの真骨頂だろう。

結局、抱っこしてお外を散歩して
自分も娘も気持ちを落ち着けさせる事で一旦は解決した。

今回の件で改めて思う事は

疲れたらアカンな、、、
という事。

疲れると、いつも対応出来ることも出来なくなる。

仕事だったら、最悪休めばいんだろうけど
育児はノンストップだ。

対応出来ない状態で、対応しようとすると
心身ボロボロになる。

自分も辛いし、子供も辛い。

疲れすぎには注意していきたい。

Related Entry

お父さんの毎朝音楽タイム

ぼちぼちいこか。

日常を味わい尽くせる実力だけあれば、人生はハッピーになる理由

少し休ませてもらいます。

家事育児が出来ないお父さんは、妻に捨てられる。

指で鍵盤を触る娘