脱。ケツ叩き。

ここ数日、梅雨入りしたというのに、からりと春晴れのような天気が続いてて、外はとても過ごしやすいです。

窓から、ずーっと入ってくる風を感じるたびに
どこか心地よくて、力が抜けていく。

僕は、肩に力が入りやすいタイプだ

すぐ、早く結果を出そうとしたり、色々と行動しようとして焦ったりする

その度に、自分のキャパを超えた情報を取り入れ
それを処理しようと懸命に行動する。

体を休めることも、自分に許可せず、眠たくて怠いのに、「っしゃー!」と声を上げ、すぐ無理しようとする。

こうやっていつも、自分で、自分のケツ叩く。

叩きすぎて、真っ赤っかになってようやく気づく

「あー、俺のケツって、意外とデリケートだった。叩きすぎてケツがヒーヒー言うとるわ」

そう、僕自身無理に何かを頑張る事は、本来出来ないタイプなんです。

それをいつも、忘れてケツを叩く。

幼い頃、僕はマイペースにレゴブロックで1人遊びしたり、絵を書いたり、音楽を聴いたり、好きな事に没頭し、のんびりやって過ごしていました。

没頭マイペースタイプでした。

だけど、中学・高校と上がるにつれ

部活をやり、勝つために、自分で自分のケツを叩く事を覚えていった。

いわゆる「スポ根」と言われるものを、後天的に身に着け、「バトルタイプ」へと変化していった。

おかげで、頑張る時は、気合で頑張れる根性は付いたし

それで、乗り越えられた場面も多々あった。

でも、、、最近ふと思った。

“ケツを赤くなるまで叩いて、勝ちたい相手は誰だろう?”

……自分のケツを真っ赤になるまで叩きまくって、勝ちたい相手などいなかった。

いつも、見えない何かに迫られ、見えない何かに勝とうとして、無駄にケツを叩きまくっていた。

なんというドМプレイ。

これ、やめよう。

本来の「没頭マイペース」な自分に少し戻ってみようかな?

叩いてきたケツ、休ませようかな?

梅雨の晴れ間に、吹く心地よい風を浴びながら
そんな事を思うと

日常の1コマ1コマが、幸せだな~と感じられた。

Related Entry

疲れるから、飯は美味いんだ。

家庭があっても、やりたい事を仕事に出来る秘訣

やりたい事を見つけるには...「ぼーっとする」から始まる

日常を味わい尽くせる実力だけあれば、人生はハッピーになる理由

仕事の辛さを軽減する為に、とるべき行動とは

サイトリニューアルのいきさつ