「あ“~~~」が、何よりも至福

僕は、毎日夕飯を作ります。

その時、一杯のハイボールを飲むのがとても大好き。

一日中働いて、頑張った自分へのご褒美に酒を飲む。

ある程度、切り物を終わらせ、調味料を配合し、炒め物を始める

と同時に、冷やしていたグラスに氷を数個入れ、お気に入りの安価なウイスキーを注ぐ。

プシュっと炭酸水を開け、炭酸が逃げないようにそっとグラスに注ぐ
最後にレモンを軽く絞り、荒々しく箸で混ぜれば出来上がり!!

「いただきまーす!」

ゴクゴクゴク!!

「あ“~~~~!」

最高!ハイボール優勝!!!

・・・

人間って、欲が深い生き物で、放っておけば際限なく欲しくなる。

そうなると、大きな出来事にしか、幸せを感じなくなってしまう。

有名になったら幸せ
お金が沢山手に入ったら幸せ
欲しいものが買えたら幸せ

たしかに、これも幸せの一つではある。

だけど、それだけが幸せの要素だったら人生は寂しいと思う。
だって、その出来事がない限り、幸せと思えないから。

人が幸福感を感じるのは、大きさじゃなくて、あー!最高やなー!と思えた”回数”だと僕は思う

だから僕は、毎日料理作りながら、キッチンに群がる子供達をよけながら(笑)

ハイボール飲んで「あ“~~~」ってなる瞬間瞬間を大切に生きたいと思う。

一つ一つ丁寧に「あ“~~~」ってなろうと思う。

 

Related Entry

見栄張りな自分から、緩くなる。

やりたい事を見つけるには...「ぼーっとする」から始まる

疲れるから、飯は美味いんだ。

日常を味わい尽くせる実力だけあれば、人生はハッピーになる理由

仕事の辛さを軽減する為に、とるべき行動とは

34歳になりました